展示

  1. 大阪城天守閣へ行ってみよう

    前回の「大阪歴史博物館へ行ってみよう」に引き続き、大阪・谷町界隈の施設をご紹介します。大阪城天守閣です。大阪のランドマークとしてあまりにも有名な天守閣…

  2. 大阪歴博より大阪城

    大阪歴史博物館に行ってみよう

    今回は「大阪歴史博物館」をご紹介します。上の写真はこの館の各階を繋いでいるエスカレーター通路からの風景です。 実はこの博物館、私にとってはいつも支部鑑…

  3. 岡山県立博物館へ行ってみよう

    前回の林原美術館に続き、今回も岡山です。今回は、岡山県立博物館をご紹介します。岡山県立博物館は、岡山城から川を挟んで向かいにある後楽園の中にあります。…

  4. 林原美術館へ行ってみよう

    今回は、岡山市にある林原美術館への行き方をご紹介します。林原美術館は館名の由来となった林原一郎氏のコレクションと、岡山藩主・池田家に伝来した品々を中心…

  5. 春日大社・国宝殿へ行ってみよう

    来月末から、奈良・春日大社での「最古の日本刀 安綱・古伯耆展」が始まります。そこで、春日大社のアクセスと周辺情報をご紹介したいと思います。 まず、最寄…

  6. 大覚寺へ行ってみよう

    京都の刀剣関連のスポットへの行き方をご紹介する記事、今回は薄緑(膝丸)を所蔵する大覚寺です。大覚寺では春と秋に名宝展を開催しており、秋に薄緑(膝丸)が…

  7. MUSEUM LOGS 刀剣鑑賞ノートを使ってみた

    MUSEUM LOGSと当ブログとのコラボ商品として発売された「刀剣鑑賞ノート」(公式ストア)。今回、ノート中面の書き込み欄を担当させていただいたので…

  8. 北野天満宮・鬼切丸

    北野天満宮へ行ってみよう

    京都の刀剣関連のスポットへの行き方をご紹介します。今回は鬼切丸(別名髭切)を所蔵する北野天満宮です。北野天満宮では年に数回宝物殿の公開を行なっています…

  9. 関鍛冶伝承館へ行ってみよう

    前回「備前おさふね刀剣の里」を取り上げたので、こちらの記事もないと片手落ちだろうということで、同じく日本刀の産地として有名な岐阜県関市にある関鍛冶伝承…

  10. 備前おさふね刀剣の里へ行ってみよう

    瀬戸内市による山鳥毛購入の機運が高まる今日この頃。もし、購入が実現したら収蔵されるであろう「備前おさふね刀剣の里・備前長船刀剣博物館」を改めてご紹介し…

  11. 展示の鑑賞メモはえんぴつで

    以前「鑑賞メモを取る」という記事で刀剣展示での鑑賞メモについて書いたのですが、この記事にはメモを取ることの意味だけを書いたので、今回はメモを取る時には…

  12. 単眼鏡、使い方の基本

    刀剣の展示を見に行くと、たまに見かける謎の筒状の物体。熱心に覗き込んでるけど、一体何を見ているのか。気になりますよね。 これまで当ブログでも「あると便…

スポンサーリンク

ページのトップへ